Home > 成功事例 | 日程スケジュール | 資格情報 > 資格について

資格について

資格を知ろう

 

建築士は、建築士法によって定められている設計から工事監理までをすべてにわたって行う専門家で、1級建築士、2級建築士、木造建築士があります。 1級と2級は建物の規模と構造の差で区別されています。

木造の建築物の場合、1級建築士でなければならないものは、「延べ面積が1,000m2を超え、かつ2階以上のもの」、「高さが13mを超えるもの」、「軒の高さが9mを超えるもの」、1級建築士または、2級建築士でなければならないものは、「延べ面積が300m2を超えるもの」、「3階以上のもの」、1級建築士・2級建築士・木造建築士でなければならないものは、「延べ面積が100m2を超えるもの」とされています。

学校や病院、百貨店などの大型建築物で延べ面積が500m2を超えるものは1級建築士でなければなりません。

建築士の主な仕事は、建築物の設計と工事監理。その他、建築の確認申請や建築物の調査鑑定など、建築に関するさまざまな業務があります。

建築士の多くは、建築設計事務所や建設会社に勤務しており、おもに設計業務や工事監理あるいは現場監督などの仕事に従事しています。そうした会社勤務の場合、資格手当などがつくなど収入面で優遇されています。
独立して設計事務所を経営する場合は、設計報酬はだいたい総工事費の10%弱となっています。

【建設業法の一部改正について】

平成18年12月20日に公布された「建築士法等の一部を改正する法律」(法律第114号)により建設業法の一部が改正され、監理技術者資格者証及び監理技術者講習の受講(講習修了証)が必要な工事が拡大されました。

>>詳細はこちら

コメント:1

将来性・メリット 10-04-22 (木) 7:04

建築士は、建築関係資格の頂点に立つハイグレードなライセンス。社会的なステータスも非常に高く、職業的にも極めて安定しています。建築物の大規模化・機能設備の複雑化に伴い、活躍の場は今後もますます広がっていくと思われます。実力次第では高収入も期待できます。

また1級、2級いずれの場合も、土地家屋調査士や技能士といった他の建築関係資格を取得する際に、試験の一部免除などの優遇措置が受けられます。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://nikken-kirishima.jp/info/wp-trackback.php?p=1
Listed below are links to weblogs that reference
資格について from 日建学院 霧島校 コミニュティサイト

Home > 成功事例 | 日程スケジュール | 資格情報 > 資格について

携帯用 QR コード
★日建学院 霧島校 ★
携帯コミニュティサイト
http://nikken-kirishima.jp/info/
フィード
タグクラウド
カレンダー
« 2018 年 10月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス訪問者
Online_users:0
Total:10622
Today : 0

Return to page top